学生街の喫茶店でディラン

日記

おはようございます、
ともやんです。

 

学生街の喫茶店は、1972年6月にフォークグループ「ガロ」によって
大ヒットして曲ですね。

 

当時僕は、中学3年生。

青臭かった僕は、「学生街の喫茶店」を聴きながら、

そんな喫茶店でボブ・ディラン聴き、コーヒーを啜りながら
友人たちと議論することを夢見ていたものです。

 

そして時は流れ1977年。
僕は、東京の大学に入学することができ、
大学前の喫茶店でアルバイトを始めました。

 

 

当時の時給が350円。3畳一間の下宿の家賃が9,000円。
そんな時代でした。

 

その喫茶店は、デキシーランドジャズクラブのメンバーの溜まり場で、
彼らはよく憂歌団のLPを掛けていました。

よく彼らは、「サッチモってさぁ、、、」なんて、ルイ・アームストロングについて議論していましたね。でもなんで憂歌団掛けてたんだろう。

 

一緒のクラスの女性も僕の後からアルバイトで来ていて、
一時は仲良かったけど、今どうしているんだろう。

 

仕送りがなかった僕は、さすがにそこだけの給料ではやっていけなくて
その後、もっと時給のいいアルバイトに移りました。

 

そんな僕が上京して最初にアルバイトをした喫茶店。

スポンサーリンク

なんといまでもちゃんとあるですね。

 

さすがに当時のマスターは亡くなって、いまは別の方が経営しているそうですが、40年近く経った今もしっかり残っていることに感動しました。

 

店に入ってみると、さすがに古さを感じましたが、何もかもむかしのまま。

 

 

2階にあがりコーヒーを啜りながら、ちょうどタイミングよく流れていたのが、僕が大好きな、ディランの「サブタレイニアン・ホームシック・ブルース」。

 

なんという偶然!

 

時は流れ、僕はあの時夢見た自分にはなったのだろうか?

 

いや、なってないよなぁ。。。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました