定年後 起業に向く人、向かない人 誰でも起業できると言っても?

起業セミナーなどに行くと、

「誰でも起業できます」

とハードルの低さを強調されます。

とはいいうものの、

起業セミナーを開催する側の論理であって、

セミナー開催側は、起業してもらってなんぼですから、

起業するに当たっては、ある程度割り引いて考えなくてはなりません。




定年後 起業に向く人ってどんなタイプ

僕は、ジュエリーを販売する会社で、

イベント企画と運営をする仕事をしています。

その中でも催し物を開催する

会場選びというのは重要な仕事です。

会場は、ホテルやブライダル施設の宴会場、

大きなレストランなどを貸し切って行いますが、

どこでもいいわけではありません。

例えば、名の知れた高級ホテルの宴会場だから

お客さんが喜んで来るかというとそうでもありません。

だから、僕は常に新しいホテルやレストランの

オープンなどには気を付けています。

そんな訳で、どこどこのホテルがオープンしたとか、

リニューアルしたとかという場合、オープンの日にはすぐ行きます。

職務であるからでもありますが、好奇心の方が強いです。

と感じたのも、同じ部署の以前の上司が、全然興味なかったからです。



定年後 起業に向く人の5つのポイント

定年後に起業した経済コラムニストの大江英樹氏は、

起業に向く人は、次のタイプを本に書かれています。

①好奇心が強い

②なんでも自分でやりたい

③変えることが好き

④人とのつながりが多い

⑤摩擦をいとわない

だそうです。

これを自分に当てはめると、

①と②は、◎で、

③と④は、〇で、

⑤が△かな。

こんな僕ですが、既に個人事業主となっていて、

今年の8月からは完全にフリーランスになります。

果たしてどうなるのでしょうか?

今は、まだ会社員なので好き放題なことは書けませんが、

その内、どんどん書いていきたいと思います。

最後に

実は、起業する件数は、60代が一番多いそうです。

なんか、わかるような気がします。

それまでは、家族のため会社のために働いてきて、

定年と同時にそれまでの欲求を晴らすんでしょうか。

僕は、一生雇われて働くのがごめんだから、

起業するのです。

単に収入のことだけでしたら、

もしかして会社に残った方がいいかもしれません。

自分でも、どうなるかわかりませんが、

わくわくドキドキと不安が混在しています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。