もしも職場に70歳の人がやってきたら そういう時代はもうすぐ

僕が入社した1982年の職場には、
社長以外は、みんな40代以下で若い社員ばかりでした。

45才の常務を筆頭に部長で35歳でした。

だから今から思うと、職場は活気にあふれていました。

もっとも、若い独身の男女も当然多いので、
男女間の問題はいろいろありましたが。

そして現在、職場の中心は40代です。

やはり良く言えば落ち着いていて、
悪く言えば、活力が不足している感は否めません。




再雇用制度で、60代が職場に普通にいる

僕が入社した82年は、
会社の社員数約150名で平均年齢は27歳。

そして現在、多少社員は増えて200名になったけど、
総務によると平均年齢は44歳だそうです。

もちろん僕が入社して30数年、
新卒は取っているし、中途でも採用していますが、
平均年齢は下がることはありません。

そして、この現象は僕が所属する会社だけの
問題ではなく、現在の日本の縮図だろうと思います。

そして、どうやら政府は、
企業に対して雇用義務を現在の65歳から70歳まで引き上げようと考えているようです。

若い世代の取り合いが始まっている

中小企業にとっては厳しい時代になりました。

新卒の若い世代を採用したくても、
特に優秀で野望のある若者は中小企業になんて来てくれません。

だから、僕も含めて定年後の再雇用社員が
まだまだ戦力となっています。

若くて優秀な人材が採用できないなら、
その内、人次第ですが60歳過ぎの人も
採用するという選択肢が出てくるかもしれません。

会社には、いろんな仕事があります。

若いアルバイトよりも、年配者の方が、仕事への責任感も強いし、
時間に対しても正確で遅刻もしたりしません。

そんな仕事があれば、定年後の人を雇ってもいいわけです。



ある日、突然70歳の人が職場にやってきたら

今日同僚たちと話したのは、
ある日突然、70歳の人が
チームのメンバーとして
やってきたらどうする?
というテーマで勝手に意見を言い合いました。

つまるところ、その人の人柄と仕事への姿勢次第、
という結論になりました。

・謙虚で、過去の自慢話をしない人
・自分のことは自分で出来る人
・人生の先輩として話を聴いてくれる人

というのがポイントになります。

つまりこの逆のタイプは、
職場にいらないということです。

ちょっと考えればわかりますが、
職場によっては、意外と面倒くさい高齢社員がいるようです。



最後に

もう近い将来、職場には下は20代から、
上は70代まで幅広い世代で働くようになります。

むしろ人数的には50代以上が多くなるかもしれません。

そして、もしかしたら日本人の20代に変わって
外国人労働者も一緒に働くようになります。

もうこれは、どの年代でも言えることですが、
それぞれ自立して仕事が出来るようでないと困りますね。

特に年配者は、年下のお荷物にならないことが
一番のポイントかもしれません



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。