定年後 個人事業主として出発します 今日は記念すべき門出の日

今日は個人的な記事になります。

今日から個人事業主として出発します。

もちろん会社勤めもしながらです。

そして2019年10月1日からは完全に個人事業主として

一本立ちしたと考えています。

そこで今日は個人事業主としてやっていこうと考えた経緯など、

書いていきたいと思います。




定年後 個人事業主として出発します 雇われる生き方

元々、僕は体の動く間は、働いていきたいという考え方でした。

その一つとして定年後の再雇用制度があります。

しかし、残念なのが65歳までです。

また、36年間勤めてきて会社で引き続き働くもの

人間関係も含め、あまり気持ちが乗るものではありません。

現在も自分の気持ちを抑えながら我慢して働いてい部分はあります。

そんなこんなで雇われる生き方はもういいなと気持ちになりました。

定年後 個人事業主として出発します 雇われない生き方へ

人生は一回限りです。

36年間の勤め人生活を振り返って、

もちろん、会社の仕事を通して良かったこともあります。

ただ、雇われる立場としては、そして家族を養って行くという立場としては、

自分のわがままを抑えて、会社からの理不尽な要求からも耐えに耐えて、

会社勤めをしてきたのは確かです。

そんな30余年を送ってきて、健康も害さず、子供たちも大人になって、

もちろん妻の頑張りも大変なものでしたが、

ここまで生きてこられたのは奇跡のようなものです。

でも、せっかくこの世に生まれたからには、自分のやりたいように最後は生きたいと思うのです。



定年後 個人事業主として出発します 1年後の目指して

年金の支給は、2年後です。

でも、その前の来年2019年には一本立ちしたいと考えています。

目標は、現在再雇用でもらっている給料分以上を稼いでいることです。

業種は、インターネット広告業。

つまりアフィリエイトですね。

自信なんてありません。

とにかく日々、コツコツやっていくことだけです。

最後に

自分がいくつまで生きるかは、わかりません。

でも、そんなことを考えても仕方のないことです。

自分がやりたいこと、したいことを続ける。

その内に体が、いうことを利かなくなってくる。

目も見え辛くなる、耳も遠くなる。

それでも、なんとか工夫しながら仕事を続けていく。

そして気が付いたら、もう何もできなくなっている。

そんな生き方をしたいな、と思っています。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。