ワールドカップ 日本がコロンビア破る!もう25年経ったのですね。

6月19日(火)の昨晩は、

ワールドカップの

日本対コロンビア戦が、

日本時間午後9時から

始まるということで、

珍しく寄り道しないで

真っすぐ家に帰りました。

そして午後9時からの

キック・オフから、

ひとつのプレイも逃さないぞと

テレビの前に陣取り、

かじりついていました。

もっとも妻や二人の娘は、

仕事だ学校だと午後9時の時点では

誰も帰宅していなかったので、

のびのびと観れたのですが。

サッカーに興味がない彼女たちは、

私がサッカーを観ていると、

○○というドラマが観たいなどと、

私から言わせれば

どうでもいい番組を

観たがったりしてうるさいので。

「4年に1回なんだから見せろ!」

いつも女性軍に負けてばかりの僕も

この時ばかりは結構頑張るんです。




勝つなんて思ってもいなかったコロンビア戦

さて、個人的には、

いい試合をしてくれればいい、

負けても日本チームの闘いを

しっかり脳裏に刻んでおきたい、

などと勝つなんて、

全く思ってみなかったのですが、

終わってみると、2対1で、

なんとワールドカップ史上で、

アジアチームが

初めて南米チームと勝つと言う

おまけつきの快挙までやってくれました。

その後、帰宅した妻や娘たちが、

立ち上がって喜ぶ私を迷惑そうに見ていましたが。



ドーハの悲劇から25年

1993年10月28日、

翌年の1994年に行われる

アメリカワールドカップの

アジア予選最終戦、

日本対イラク戦を

1ヵ月前に生まれたばかりの

息子を抱きながら

応援していました。

残念ながら、

後半のロスタイムに

イラクに同点にされ、

日本のワールドカップ初出場は

無くなりました。

引き分けが決まった時の

途中交代でベンチに戻っていた

中山雅史が泣き崩れる姿が、

今でも脳裏をよぎります。

あれから25年。

日本は、次の98年フランス大会から

6回連続出場を続けています。

そして、昨日のコロンビア戦の勝利!

リーグ戦突破をちょっと期待してしまいます。

それから生後1カ月だった息子も、
身長178センチの大人になっています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。