定年ゴジラの感想 現代とのギャップで読み進むのがつらい

こんばんは!

「定年ゴジラ」重松清著が、読み進まない、というよりも
現代とのギャップで、読み進むのがつらいかもしれない。

というのも、この小説は、1998年に世に出ているが、
主人公の山崎さんはこの年で60才で定年になったので、
1938年(昭和13年)ということで、年金もしっかりもらえる世代なのです。

だから定年後、再就職しなくてもなんとか生きて行けた時代のです。
つまり何もしたくなければ、家でTVでもみていいぇも良かった時代なのです。

一方、約20年後の現代は、定年後もしかり働かなくてはいけない世代なのです。

みなさん、どっちがいいですね」。


定年ゴジラの読書感想文

4月10日頃定年ゴジラを読みあ終えました。
そこで書いたのが上の感想文です。合わせてお読みください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。