あの年の12月 ジョン・レノンが撃たれた日 僕の青春が終わった日

1980年の12月8日

こんばんは、ともやんです。

今日は12月8日。

ジョン・レノンの命日です。

1980年12月8日22:50にマーク・チャップマンに狙撃され、
命を落としました。

享年40歳。

ジョン・レノンは命を落としたのは日本時間では、12月9日の午後1時ころ。

僕は大学生4年生で、留年が決まり、大学近くの喫茶店でアルバイトをしていました。

その喫茶店では、有線放送を流していました。

チャンネルは、学生街ですから、洋楽のロックやポップスが多かったですね。なんか、急にジョン・レノンの曲が掛かり出しました。

嫌な予感がしました。

それは3年前を思い出したからです。



プレスリーが亡くなった時

エルヴィス・プレスリーは、1977年8月16日午後3時半に死亡が確認されました。

急死だったようです。

日本時間は8月17日の早朝。

僕は、当時大学1年生。

夏休みなのに大学近くの喫茶店でアルバイトをしていました。

実は、3年後、ジョン・レノンが亡くなった時も同じ喫茶店でアルバイトしていたのです。

別にずっと働いていたわけではありません。

なんという偶然。

プレスリーの時も、有線放送でプレスリーの曲が続けて掛かり始めたのです。

一緒に働いていたマネージャーが、

「プレスリー死んだんじゃない」と冗談ぽく言いました。

僕が「まさか、まだ若いでしょ?」
と返しました。

プレスリーの死を知ったのは、その人の夜でした。

享年42才。

プレスリーとレノン

エルヴィス・プレスリーとジョン・レノンの関係は、
あまり良くなかったようです。

理由は、ジョンの失礼な発言らしいです。

でも僕は、この二人がロック界でも特に偉大はミュージシャンだと思います。

その二人の死は、僕が19歳と22歳の時です。

だから40代というとかなり上の世代の印象でしたが、
現在、60歳になった僕には、あまりにも若かったと二人の無念さに思いを馳せてしまいます。

12月8日になるとジョン・レノンを思い出し、ジョン・レノンを思い出すと、エルヴィス・プレスリーを思い出します。

エルヴィス・プレスリーが亡くなって40年、ジョン・レノンな亡くなった37年が経ちました。

当時20代の前半の僕は、還暦を迎えました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。