猫の介護はトイレの工夫から

猫の介護はトイレから

8月17日(木)から19日(土)のコメ(14才オス)は、
この頃は、毎朝、缶詰のエサを半分くらい食べるようになりました。

しかも、朝になると自分からリビングに来て、
他の2匹と一緒にエサを食べるようになりました。

ただ頃の頃から、トイレに失敗が目立つようになり、
高さ10セントほどのトイレ用のボールを乗り越えられなくなってきたようです。

そこで、背の低い段ボールの箱にビニールを掛けて、
そこにトイレ用の砂を入れてコメのトイレにしました。

これだと高さが5セントほどなので乗り越えてトイレも出来るようになりました。

猫の介護 5回目の点滴

20日(日)は、5回目の点滴。
体重は、3.5kgに。

21日、22日とコメは水しか飲まない感じ。

ようやく22日の夕方にペーストエサを食べました。

翌23日は、なんと他の2匹が食べているカリカリを食べだしたり、
玄関に降りて行ったり、そして娘のベッドで寝だしたりと
驚きの行動をしました。

妻と娘が体を拭いてやったから気持ち良くなったのかもしれません。

猫の介護 エサは流動食

24日(木)、25日(金)は調子が良いのか、
ペーストエサをひとパック食べました。
また妻の足にじゃれつこうとして足がもつれたりして
お茶目なところも見せてくれました。

元気な頃は、いつも妻のいつもじゃれついていたのに。

26日(土)は、ペーストエサを3回、それもひとパックずつ食べました。
もしかして足りないんじゃないのかな、と思い、スーパーに走り、
健康缶のエイジングケアを10パック、コーナーにあったもの全部買ってきました。

また、美味しいもの食べさせようと、その他何種類かの缶詰を買ってきました。

そして27日(日)午前10時にW動物病院に行き、6回目の点滴。
なんと体重は、2.6kgまで減っていました。

最初僕は、間違いではないか?と思い、先生にもう一度測り直してください、と頼んで、再度測ったらやはり2.6kgしかありませんでした。

1ヵ月前から、1.4kgも減ったことになりました。

よろよろ歩いても長く歩けず、1、2m歩くと疲れてしまって
座り込んでしまいます。

スポンサードリンク



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。