スポーツ一覧

サッカー・ワールドカップ 日本代表の健闘を讃える!

おはようございます。 今朝は、午前3時に起きて、 日本対ベルギーの試合を観て、 応援していました。 日本代表チーム、西野監督と全員の選手に敬意を表します。 一時は、夢を見させてもらいました。 前半は、0対0。 後半は、早々に点数を入れて 2対0。 これは行けるんではないか! と思いきや、 本気になったベルギーに最後のロスタイムに追加点を 入れられて、2対3で 敗れました。 しかし、よくあそこまでFIFAランキング3位、しかも優勝候補の ベルギーを追い詰めたものだと思います。 選手たちの健闘を讃えます。

ワールドカップ決勝トーナメント 日本対ベルギー どうやってみる?

現在、ワールドカップ・ロシア大会、開催中です。 日本は、グループリーグを2位で通過して、 決勝トーナメントに進みました。 その進むことが決まった試合、 先週木曜日夜のポーランド戦の戦い方で いろいろ言われていますが、 勝負の世界は、きれいごとはいかないこともあるので、 まずは、シンプルに日本を応援しよう。

サッカーワールドカップ 日本代表のポーランド戦の戦い方に思う

サッカー・ワールドカップ ロシア大会で、 日本代表は、決勝トーナメント出場を決めました。 まずはおめでとうございます。 僕は、日本代表の試合は、すべて観ましたが、 なかなか見応えがあって、もし決勝トーナメントに進めなくても それはそれで、その健闘に敬意を表したいと思います。 さて、今日は、第3戦のポーランド戦での戦い方について 僕が感じたことを記したいと思います。

ワールドカップ 日本がコロンビア破る!もう25年経ったのですね。

6月19日(火)の昨晩は、ワールドカップの日本対コロンビア戦が、 日本時間午後9時から始まるということで、 珍しく寄り道しないで真っすぐ家に帰りました。 そして午後9時からのキック・オフから、 ひとつのプレイも逃さないようテレビの前に陣取り、 かじりついていました。 もっと妻や二人の娘は、仕事だ学校だと午後9時の時点では 誰も帰宅していなかったので、のびのびと観れたのですが。 サッカーに興味がない彼女たちは、 私がサッカーを観ていると、 ○○というドラマが観たいなどと、 私から言わせればどうでもいい番組を観たがったりしてうるさいので。

衣笠祥雄氏死去 受けた衝撃とずっと大切にしている言葉

一昨日の衣笠祥雄元プロ野球選手が亡くなりました。 その訃報を受けて、えっ!と思わず声を上げたほどショックでした。 それというもの衣笠さんは、先日亡くなった星野さんと同い年で僕と10才しか離れていない。 長嶋さん、王さん、ノムさんは20歳前後違うので、ずっと上という印象ですが、 衣笠さんや亡くなった星野さんは、10才しか離れていないので兄貴くらいの感覚でした。 それが相次いで亡くなりショックですし、なによりも寂しいです。 心よりご冥福をお祈りいたします。