無事之名馬 地で行く僕

こんばんは、
ともやんです。

無事之名馬(ぶじこれめいば、無事是名馬とも)という言葉があります。

競走馬を指して「能力が多少劣っていても、怪我なく無事に走り続ける馬は名馬である」とする考え方を表した格言です。

馬主でもあった作家・菊池寛による造語として有名ですが、
実際は時事新報の岡田光一郎によるものだそうです。

現代では、競走馬だけでなく、広い分野で使われています。

健康第一と同じ意味合いで使われることもありますが、

僕はもう少し違って、営業マンなどが一時的に好成績を上げるよりも、
長い期間、コンスタントに成績を上げ続けた方が、会社にとって必要な人間だ、という意味に取っています。

僕は会社員生活も36年目です。

30年近く営業マン、営業マネージャーとしてやってきました。

多くの社員と仕事を一緒にやってきました。

僕は、自慢ではありませんが、風邪で休んだことはありません。
風邪をひかないわけではありませんが、
寝込むほど重症化しないのです。

でも一緒に仕事してきた人の中には、身体が弱いのか、
通院の常連だったり、休みがちな人、、遅刻の多い人がいました。

一緒に仕事をするにあたり一番困るタイプは、あてにできない人です。

あてにできないとは、信用できないとも言います。

営業なら一時的に良い実績を上げても継続できない人です。
体調管理が出来ないのか、良く休む人です。
遅刻しがち、またはいつも滑り込みで出社する人です。

僕は目立つほどの業績をあげたことあまりありませんが、
継続して一定以上の力を出していくタイプです。

だから、会社にとっては有難い存在だと思います。

無事之名馬のような人が組織では重宝される存在になります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。