猫たちと生きる

こんばんは、
ともやんです。

 

明日から仕事です。仕事始めなんです。
正直嫌だなぁ、、、ちょっとブルーな気分です。

 

こんな時、気持ちを癒してくれるのが猫たちです。

 

このブログ記事を書いている時も膝上ではコメ(13才オス)が
寛いでいます。

 

 

また、マル(8才メス)もPC近くで座っています。

猫たちはいつでも変わらず接してくれます。

 


僕は、高校生の頃、一時実家で猫を飼っていたことがありますが、
これほど長く(18年間)飼ったことはありません。

スポンサーリンク

 

この18年間、3人の子供たちも猫たちと一緒に過ごしてきました。
子供たちにとっても、猫たちは、いて当たり前の存在で、
娘たちは猫のいない生活なんて信じられない!
と言っているくらいです。

 

そんな子供たちも、もうすぐ巣立っていくでしょう。
そうなれば僕と妻の二人になります。

 

なおさら、猫たちの存在は大きくなりますね。

 

そのうち猫たちとの別れも来るでしょう。

この腕の中で最期を看取りたいと思います。

 

だから、猫たちに看取られないようにしないとね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました