定年後 僕の人生は自分に戻ってくる 誰のために生きるか?

長く会社員生活を送った人が、

最期の時に、しみじみと思うのは、

ああ、サラリーマン生活を真面目に送って幸せだった、

残業も休日出勤も厭わず、会社のために一生懸命働いた、

ああ、俺はなんて幸せな人生だったのだろう!

とは、絶対に思わないだろうと思います。

なぜなら、それは生きるための手段だったからです。

では生きるとはなんだろう、そして目的とななんだろうと思います。

今日はそれについて考えたいと思います。




定年後 生きる目的について考えてみた

齢、60歳を過ぎて生きる目的を考えるなんて

遅いんじゃないの?と思います。

残りの時間も少なくなりました。

でもだから考えたいともいます。

むしろやっとわかったのだと思います。

また、生きる目的は、人によって違うと思うし、

そうでなければおかしいとも思います。

僕が考える生きる目的は、後世にタスキを渡す、ということです。

つまり、自分の生きた証を後世に伝えることです。

これも残すものはいろいろあります。

芸術家やアートストならその作品であり、

会社生活を送った人なら仕事の成果だったり、

経営者ならそれこそ企業を続けることです。

そしてその基本にあるのは、子供にタスキを渡すということです。

家族を持ち、子供をもうけ、育て、社会に送り出す。

僕はつまるところそれだと思うのです。



定年後になってやっとわかった、人生の目的

普通の平凡な人間にとって最大限できることは、

家族を持ち、子供を産み、育て、社会に送り出す、

それが最高の目的であり喜びだと思います。

先日、息子と食事した時も、

説教じみたことだけは言わないようにしようと思っていましたが、

いう必要もなく、息子はとうに親を超えていました。

二人の娘も成人して、一人はまだ学生ですが、

それぞれの道を歩み始めています。

親としては、見守りサポートしていくだけです。

子供たちの幼少の頃の可愛らしさと言ったらありません。

今はその頃を思い出し、涙する毎日です。

もちろん実際に涙は流しませんが、

心の中で思い出しては泣いています。

だから、人生の目的はほぼ達したと

言ってもいいのかな、とも思います。



定年後 僕の人生はやっと戻って来た

僕のサラリーマン人生は、

あと数か月に終わらせる予定ですが、

振り返っても、良く生き残って来たなと思います。

現在は、残業も休日出勤も全くない契約社員ですから、

当時の残業も休日出勤も厭わない働き方は、むしろ異常だったとも言えます。

でも、働き盛りや役職者が定時で

さっさと帰ることにも違和感を感じたりします。

そんな心の中の葛藤は複雑です。

結局僕は、社畜として飼いならされてしまったのかもしれません。

ようやくそんな生活から、羽ばたこうと考えています。

やっと自分の人生が戻って来たという感じです。

最後に

人生は終わりがいつ来るかわかりません。

定年という一つの区切りで、生き方を変えられそうです。

僕は、定年という制度はあった方が良いと思います。

なぜなら一つの目標と出来るからです。

さあ、来年の夏の独立を目指して準備、準備!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。