日比谷公園 梅雨明けや セミも鳴き始めた 観測史上初 

こんばんは!

気象庁は6月29日に関東甲信地方の梅雨明けを宣言しました。
な、なんと観測史上始めただそうで、今年の夏の暑さが思いやられます。

そんな中、セミの鳴き声を今年初めて確認しました。
場所は、日比谷公園と東京ミッドタウン六本木。

※ニイニイゼミ

日比谷公園に関しては、2、3日前のラジオの番組でも
日比谷公園から実況をしていて、セミの声が聴こえると伝えました。




梅雨明けとともに聴こえる涼やかな鳴き声

閑さや岩にしみ入る蝉の声
「しずかさや いわにしみいる せみのこえ」

は、松尾芭蕉が元禄2年5月27日(1689年7月13日)に

出羽国(現在の山形市)の

立石寺に参詣した際に詠んだ発句です。

セミの種類についてあれこれ言われていましたが、
時期などからニイニイゼミというのが定説です。

梅雨明けとともに夏の日差しとともに
鳴き始めるのがニイニイゼミです。

僕は、このニイニイゼミの鳴き声が好きで、

少年のころ、補虫網を持って、セミやトンボを追いかけていたころを思い出します。



早すぎるセミの声

それにしても6月中にセミの鳴き声を聴くなんて
早すぎますね。

例年だと7月の初旬から中旬に掛けて、
逆に7月中旬まで聴かないとおかしいな、と感じます。

ところが、今年が6月中にもう聴いてしまいました。

何か、今年の夏は猛暑になるのではないか、
という予感を感じさせて、少し気が重いですね。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。