モンスターハンター 60才にしてはまる おじさんの闘いが始まる

僕がモンスターハンターというゲームの存在を知ったのは2~3年前。

僕が尊敬するとある方が、

モンハンフリークでその素晴らしさ、

凄さ時々聞いていました。

しかし、ゲームとは全く無縁な人生を

送ってきた僕にとっては、

まあ面白いゲームなんだろうけど、

僕にとっては関係ないや・・・、という感じ。

とくやってみようということろまではいかなかったね。

ところが昨年の夏ごろかな、

モンハンの新しいソフトが発売されるに当たって、

自分のブロで取り上げてみて、

面白そうだな。。。と感じ出した。

そして決定的なのは、

昨年入社した会社の後輩女子社員が、

モンハンフリークで、

彼女は大学の後輩でもあり、

仕事を一緒にすることもあり、

彼女からモンハンの面白さを聞くようになってから、

ではやってみようと決めた。

でもその前に3DSというゲーム機が必要だし、

ソフトも当然必要。

ここで幸運が続き、

なんと息子が3DSとモンハン4のソフトを持っていたのだ。

しかももうやらないということ譲り受けることに。。。



モンスターハンター おじさんの狩猟生活が始まる

息子から3DSを譲り受けたのはいいが、

どこをどうしてやればスタートができるのか

ちんぷんかんぷん。

息子に教えてもらおうと思ってもなかなか時間が合わず、

娘に聞いても面倒くさそう。

そこで、会社に持って行って後輩に教えをこうことに。

会社の昼休みに彼女は親切に教えてくれて、まずは、

ハンターとメインオトモを作成した。

ハンターは、スキンヘッドと白ひげ。
僕のイメージに極力似せたと思う。

さあ、船出だ!

まずはオープニングイベント。

狩猟の旅は、ハンターが乗る船が超大型モンスター、ダレン・モーランに

襲われるとことから。

彼女に教わりながら対応するが、

なんせゲームは初めて、

特に左親指で操作するボタンのタッチの

感覚が全く掴めない。

実は10時間ほどやった今でも、

画面上ハンターをくるくる回してしまって、

まだまだ修行がたりない(;–)



モンスターハンター おじさんは冷や汗たらたら

船上での戦いで、とまどる。

大型モンスター、ダレン・モーランを大砲で仕留めようとしても

なかなかうまく行かず。

冷や汗たらたら。

なっといっても3DSの基本操作の感覚が掴めない。

ダレン・モーランとの闘いで冷や汗、

脇汗たらたらなんとかバルバレに到着。

ふう・・・

またレポートします。。。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。