猫は家族 幸せの使者 いるのが当たり前だった18年間の思い出

おはようございます、ともやんです。
還暦まで40日。

猫は幸せの使者です。

我が家には3匹の猫がいます。

もう18年間、我が家に猫がいるのが当たり前です。




猫は家族 幸せの使者 足ることを知らせてくれる

足りことを知るという考えがあります。

僕は現状に不満を感じだ時、いつもこの考えを持ち出します。

そして、何が不満なんだい、十分幸せじゃないか、

と自分に言い聞かせるようにしています。

人には誰でも欲望がありそれ目標への糧となり達成のため

頑張るということがあります。

でもそれが出来なかったからといって

不幸と思うことはないのです。

猫は家族 幸せの使者 いるのが当たり前

あれ、ちょっと話がずれました、猫の話でしたね。

つまり猫がいるのが当たり前で、

それが幸せなことだと日々感じていないくても

十分幸せなんだということをちゃんと知らんないといけないよ、

と自分言い聞かせているのです。




猫は家族 幸せの使者 一匹が病気に

もし、この18年間、

猫がいなかったらどんなに寂しく味気なく、

家族とのコミュニケーションも少なかったことか、

とぞっとします。

家族の潤滑油となってきた猫たち。

実は、14才のオス猫が病気になりました。

最後に

見掛けは苦しがってはいませんが、

動きがとても緩慢になってきています。

1か月前まであんなに元気だったのに。

獣医によるともう手遅れだそうです。

最期の時まで一緒にいる時間を大切にしていこうと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。