孤独と孤立

こんにちは、ともやんです。

孤独と孤立。

僕は、この二つの言葉を並べると似ているようで、意味合いが違うように感じます。

なお、これは僕の独自の解釈なので、あまり参考にされないように。。。

孤独とは、自ら進んでというニュアンスを含んでいると思います。
だから、自分の気の持ちようでその状況を楽しむことも出来ると思います。

一方の孤立は、自分が望まないのに、他動的にそうなっている、つまり周囲から疎外されているという状況で、僕は、孤独には耐えられるけど、孤立には耐えられないと思います。
%e9%81%93

五木寛之作詞の“青年は荒野をめざす”の一節

“ひとりで行くんだ 幸せに背を向けて
さらば恋人よ なつかしい歌よ友よ”

は、孤独だけど孤立ではないですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。