時には立ち止まるかな

おはようございます、
ともやんです。

時には立ち止まって自分を見直したい、
と思うことがあります。

スターバックスのCEOハワード・シュルツ氏は、2008年のある日の午後、スターバックス全7100店を閉めて、13万5千人のバリスタに対して完璧なエスプレッソを淹れるための講習会を断行しました。

シュルツ氏は、スターバックスを客観的に見つめ直し、スターバックスがスターバックスたらしめている、「ロマンティックで劇的な要素」が失われつつあると感じたからだそうです。

この結果、スターバックスの株価は、2008年から2011年に掛けて、
400%もアップしました。

時には立ち止まって客観的に自分を見つめ直すことの重要性を語るための
エピソードです。

この年末から年始にかけて自分の棚卸しをして
見つめ直すかな、来年は還暦です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。