延長戦

シニアライフ

定年後こそ正解のない荒野をゆく

こんにちは。 こめまるです。 1967年、今から50年以上前に作家五木寛之が発表した小説が、「青年は荒野をめざす」。 20歳のトランペット吹き、北淳一郎が、大学進学をあきらめて、トランペット一つを持って、横浜からナホトカ号に乗り、...
仕事

定年後 仕事人生のゴールには、延長戦があったなんて早く言ってよ!

年功序列、終身雇用、なんて言葉が、 その昔確かにありました。 少なくとも僕が就職した時代から しばらくは意味があったように思います。 実際、僕が就職活動をしていた1980年、81年の会社要項には、 どこ...
タイトルとURLをコピーしました