定年を迎えられなかった先輩社員を偲んで 生きて朝を迎えても

おはようございます、
ともやんです。
還暦まで313日、定年まで339日

全ての人間に訪れるのが死です。
それも自分の意志とは関係なく訪れます。

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%b3

人間の人生なんて、簡単に言えば、

「産まれる」「生きる」「死ぬ」この3つだけです。
産まれると死ぬは、本人には預かり知らぬことですね。




定年 生きて迎えられなかった先輩社員の

僕がこの年齢(59歳)になって、
最近よく思い出すことがあります。

それは、10年前に亡くなった
先輩社員の方のことです。

その先輩は、営業マンで、
その日、普通に出勤、昼過ぎに営業所を出て、

夕方、営業所に戻り、駐車場で車を降りて倒れ、
そのまま帰らぬ人となりました。

定年を迎えるのを楽しみにしていた無念

その日、先輩と会った社員は何人もいて、
当然これが生きて会える最後とは思わないし
、一番は本人が、一番考えもしなかったでしょう。

その時の先輩の年齢は59才でした。

後から聞きましたが、退職金の計算を良くしていたそうです。
そして定年後の生活を楽しみにしていたそうです。



別れはいつも突然にやってくる

ここ最近その先輩のことを何度も思い返していたら、

一昨日も突然のお別れがやってきました。

その方は弊社の顧問で73才でした。

一昨日、某会合が都内であり、その前に会社によって資料を作成し、

会合先に出かけて、そこで倒れ帰らぬ人となりました。

当然、顧問に会った社員は何人もいます。

僕のその一人でした。

あったというよりも見掛けたといった方はいいかもしれません。

遠目にパソコンを打っていた姿を見ていました。

最後に

生きて朝を迎えても

夜にはどうなるかわかりませんね。

この世との別れは突然やって来ることもあります。

日々大切に生きるだけですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。