定年ゴジラ

五木寛之「新老人の思想」青年は老人になり荒野をめざす

こんばんは、ともやんです。 僕は、1957年生まれなので、70年代がまるまる青春でした。 その時出会ったのが五木寛之氏の小説。 当時まだ30代だった五木氏の小説は、思春期の僕に大きな影響を与えました。 「青年は荒野をめざす」...
タイトルとURLをコピーしました