長生き一覧

定年後 超高齢化社会に思う これからの生き方と働き方

世界保健機構(WHO)や国連の定義によると全人口に占める65歳以上の高齢者の割合が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」と定めています。日本は、1970年に高齢化社会になり、1994年に高齢社会になりました。そして定義では21%を超えると「超高齢社会」となり2007年に日本はその水準を超え、あと7年後の2025年には、高齢者の割合は、30%になると予測されています。