長寿リスク一覧

ピンピンコロリ 矛盾を考えると、結局あるがままでいいのでは?

ピンピンコロリという言葉を初めて聞いたのは、2~3年前だったと思います。しかもそういう集まりや会などもあると聞いて、当時は、なんか胡散臭いような気がしないでもありませんでした。今もそうですが、僕は生まれることと死ぬことは、自分の預かり知らないことだと考えているからです。つまりどうやって生き行くか考えていれば、いつか必ず、嫌でもあの世に行くのです。それをどうして、みんなで集まってピンピンコロリと逝くように努力しなければいけないのかよくわかりませんでした。