重松清

シニアライフ

定年 おとぎ話になった”定年ゴジラ”

こんにちは。 こめまるです。 今の時代、定年後は、悠々自適に過ごす人というのは、非常に珍しいと思います。 重松清の小説「定年ゴジラ」は、そういう意味では、おとぎ話のようなお話です。 当時は、定年退職者の悲哀を描いたと言われて...
定年

定年後 自分の居場所はありますか? 1年前の日記から考える

おはようございます、こめまるです。 昨日で夏期休暇が終わりました。 今日、8月20日は1週間ぶりの出勤です。 やはり6日間休みがあると、いろいろ出来ることもありますね。 といってもやり足りないというのもありますが。 さ...
映画

終わった人 映画上映も行く気がしなかった だってストーリーが。。。

内館牧子著「終わった人」を読んだのは、半年ほど前でしたでしょうか。 それなりに面白く読んだけど、 突っ込みどころ満載でしたね。 何と言っても舞台設定です。 主人公の田代壮介氏は、東大を出て、メガバンクのナンバー2...
日記

定年ゴジラの感想 現代とのギャップで読み進むのがつらい

こんばんは! 「定年ゴジラ」重松清著が、読み進まない、というよりも 現代とのギャップで、読み進むのがつらいかもしれない。 というのも、この小説は、1998年に世に出ているが、 主人公の山崎さんはこの年で60才で定年になったの...

五木寛之「新老人の思想」青年は老人になり荒野をめざす

こんばんは、ともやんです。 僕は、1957年生まれなので、70年代がまるまる青春でした。 その時出会ったのが五木寛之氏の小説。 当時まだ30代だった五木氏の小説は、思春期の僕に大きな影響を与えました。 「青年は荒野をめざす」...
タイトルとURLをコピーしました