給料一覧

定年後再雇用 大企業と中小企業での条件の違い それでも働く?

大企業と中小企業では、同じ再雇用の条件でも大きな違いがあります。大企業は、給料が半分になり出勤日数も週3日くらいと収入が必要な方には厳しい条件になることが多いようです。一方、中小企業は、同じ仕事を引き続きで出来るけど、給料は下がるというケースが多いようです。さて、それでも再雇用で働きますか?

定年後再雇用 更新基準で考えた会社の事情と自分の事情

別に僕が勤める会社に限ったことではありませんが、いくら国から希望者には、65歳までの雇用義務を施行したとしても、雇われる側の弱い立場は変わりません。 よく言われのが、給料は半分程度になるというもので、 特に大企業ではその傾向が強いようです。転職と言っても60歳ですからそんな条件が良いとは思えませんが、会社に残るよりはましということでしょうか。つまり雇う側は、どんなに義務は発生しても、立場の強さは変わらずで、こんな条件だけど、これで良いのだったら、働いてくれてもいいよ、という上から目線のです。