家事一覧

定年前からやっておくべきこと 今からでも遅くない!?

定年前からやっておくと、定年後に役立つことがあります。 今日は、やっておくといいことを考えたいと思います。 趣味のサークルや地域の集まりといった 息抜きができる居場所があるかないかで、 老後の生活は大きく変わります。 人間関係は信頼関係で成り立っているので、 居場所や人脈をつくるのにある程度時間が掛かります。 だから定年前から活動した方が良いですね。

定年後の夫婦の生活 女房元気で留守がいい、これからの時代を先取り

良く言われるのは、亭主元気で留守がいいです。 奥さんにとっては、夫が家にいると、 食事を作らなければならない、自由に外出できない、 中には、いちいちやることに口を突っ込んでくくる夫もいて 気が休まらない。 その程度ならいいが、中には、神経性の胃炎になったり、体調に不調を訴える奥さんまでいるそうです。

定年後 共働きのすすめ 老後は共に働き、楽しみ、生きる

ライフプラン相談で、泣くのは大げさとしても 相談に来られる方に多い相談、というか愚痴は次のようなものです。 ・役職定年は知っていたが、実際に給与がいくら下がるか計算してぞっとした。 ・ねんきん定期便に記載されていた年金受給額が、想像以上に少なかった。 ・65歳まで働けるから安心と思っていたが、嘱託という立場で時給計算で、息子のアルバイト代よりも少なくて茫然とした、など、こんなはずじゃなかった、という声です。