失業給付一覧

定年後 知らないと損する高年齢雇用継続給付 給料が下がるともらえる

「高年齢雇用継続給付」と「失業給付」は、雇用保険加入者を対象とする制度です。「失業給付」は、定年を迎えた後でも働く意欲がある限り、もらうことが出来ます。ただし、退職後1年以内にもらうのがルールです。定年退職後、継続雇用を続けて65歳以降に失業した場合は、高年齢求職者給付金をもらうことになります。同じ、雇用保険から、働き続けてもらえるのが、「高年齢雇用継続給付」です。これは60~64歳だけが対象の制度です。長年雇用保険を払ってきたのですから、せひともこの給付をもられるよう、制度をよく知っておくことが大切です。

定年後 もらえるお金の制度 知らないと損する仕組みがある

定年後に年金生活を送る場合、年金の支給額よりも、生活費などとして出ていくお金の方が多いのがほとんどです。もちろん、年金だけで生活している人もいますが、少数だと思います。僕自身もそのつもりでいて、おすすめするのは、定年後も働いて、生活費は自分で稼ぐということです。そして、年金は働けなくなった時のために貯めておくと安心です。でも、何も考えずに現役時代と同じようにしていると、老後破産なんて事態になりかねません。今日は、定年後にもらえるお金の3つの制度をチェックしてみます。