司馬遼太郎

定年後にも読みたい おすすめの長編小説 三作品

こんにちは、こめまるです。 定年関連の本で、定年後、老後の趣味として読書をあげているものは少ないように思います。 読書は生涯を通しての趣味になります。 特に定年後は、現役時代に比べ、時間がありますから、長編小説をしっかり読...
日記

人生には自分も知らない期限がある、ならば、、、

こんにちは、ともやんです。 今日は、60才と35日目。 定年退職して、そして再雇用者となって1週間が過ぎました。 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の中の一節に、人の死は、自分の最期は、どうにもできない、ならば、生きて...
日記

当たってくだけろは、年を取ってこそ有効

こんばんは、ともやんです。 還暦まで88日。 僕の人生の書というと、 五木寛之の「青年は荒野をめざす」と 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」です。 共に五木さん司馬さんの代表作であるばかりでなく、 青春の書と言え...

苦手な人を克服する方法

おはようございます、ともやんです。 還暦まで103日。 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を再読しています。 20代、30代、40代と読んで、今回4回目の再読。 50代最後の読書として僕が選んだのがこの本。 読み始...
日記

生きることだけ考えるか

おはようございます、 ともやんです。 5月も半ばが過ぎ、汗ばむ気候に なってきましたね。 さて、最近読んでいる司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の中で、死ぬことは、 天命であるから自分が思い悩んでも...

竜馬がゆく 青春のバイブル

僕がこの小説をは初めて読んだのが、20代の頃でした。それから30代、40代にそれぞれ読んでいて、60才を前に改めて読んでみようと思い、思い立ったが吉日、今日から読み始めることにしました。なぜ坂本龍馬に惹かれるか?
タイトルとURLをコピーしました