労働組合一覧

8時間労働のはじまり いつどこで誰が始めたんだろうか?

かつてマルクスが書いていたように、19世紀の半ばまで、 労働時間はかなりいいかげんだったようです。 1880年代になっても、ふつうの労働者は、おおむね1日10時間、そして毎週6日間働いていました。ニューヨークの製パン業などの場合は、毎週の労働時間が120時間と厳しいものというよりもあり得ないようなものだったそうです。 そんな状況でしたら、労働時間を短縮しようという動きが出てくるのも当然な話でした。 ちなみにその100年後、僕が就職した頃は、まだまだ週休2日の会社は少なく、 僕が就職した会社は、日曜日だけが休みでしかも残業も普通にあったので、 1週間に少なくても60時間は働いていました。

契約社員 契約期間満了なら、そのまま辞めてもいいのかな?

さて、定年退職日の約1ヶ月前に再雇用の労働契約書が提示され、そこに労働条件が記載されていて、自分が想定して条件と特に大きな差はなかったので、契約書にサインしました。 でもこれってもし条件が合わなかったら不味いよね。 定年退職日は決まっているのだから、条件が合いませんと交渉を申し出た場合、 定年退職日を超えた場合どうするんだろう? 定年退職日の翌日以降の契約はしていないから、出勤できずに契約交渉を続けるのだろうか?