五木寛之

日記

続けることに意味がある 継続は力なりか?コツコツ勝つコツ

ボブ・ディラン。 デビュー以来60年近く、音楽活動を続け、現在でも「ネバー・エンディング・ツアー」と称して年間100回前後の公演を続けているそうです。僕も2年前に、渋谷のオーチャードホールに公演を聴きに行きました。 同時期に来日...
生活

なんとかなるさの意味 生きて行く上で大切な言葉かもしれない

"なんとかなるさ"、という気持ちで60年間生きてきました。 ただ、この"なんとかなるさ"という考えは、個人によって幅があるようですね。 今日は、この"なんとかなるさ"という考えについて僕個人が思ったり感じたり考えていることを書きます...
日記

定年後 大切なキーワードは自立 ひとりで生きられるもん

こんばんは、ともやんです。 寒さが厳しくなってきましたね。 東京の最高気温も一桁台となってきました。 冬になると懐かしく思い出すのは、19歳まで過ごしたふるさと北陸富山のこと。 いつも思い出すのが、小学生...
定年

五木寛之 青年は荒野をめざすで出会い、定年後に孤独のすすめ

五木寛之氏との出会い おはようございます、ともやんです。 1月も7日目になりましたね、ちょっとブログの更新スピードが落ちてしまって、正月休みボケでしょうか? これから、コンスタント行きますよ。 な...
定年

長生きが目的ではなくて、小さな目標が生きる喜び

こんばんは、ともやんです。 今日は60才と25日。 もう明日出勤すると定年退職です。 そして10月2日は、契約社員として出勤します。 部署も席も変わらないので、周囲は全く変化に気が付かないでしょうが、僕にとっ...
日記

金沢で出会った不思議な空間

こんにちは、ともやんです。 還暦まで21日。 一昨日訪れた金沢は、1日しかなかった滞在にも関わらず、 不思議な空間との出会いでした。 金沢自体が不思議な空間ではないのですが、 そんな空間を生み出す土壌がある...
日記

当たってくだけろは、年を取ってこそ有効

こんばんは、ともやんです。 還暦まで88日。 僕の人生の書というと、 五木寛之の「青年は荒野をめざす」と 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」です。 共に五木さん司馬さんの代表作であるばかりでなく、 青春の書と言え...
日記

「人事を尽くして天命を待つ」は「他力」に通じる。

こんばんは、ともやんです。 僕は、人事を尽くして天命を待つ、という故事が好きです。 出来ることは全てやりつくして 結果は、運に任せるというもの。 僕は、これは五木寛之氏が唱える他力に通じると思って...
生活

定年後 孤独と孤立 何が大事なのか考えてみる

こんにちは。 こめまるです。 今日は、孤独と孤立について考えてみたいと思います。 孤独とは、他の人々との接触・関係・連絡がない状態を一般に指す。 「自分がひとりである」と感じる心理状態を孤独感という。 孤立とは、 ...
タイトルとURLをコピーしました