サラリーマン脳一覧

定年後 サラリーマン脳を疑え 雇われる働き方の論理

37年間のサラリーマン人生で、確信を得たことがあります。 それは、雇う側と雇われる側は、永遠に相容れないということです。 だから、労使間での話し合いは、お互いの論理を展開すれば、 永遠に平行線のなのです。 もし労使間で協定を作るなら、どちらかが歩み寄るか、 または中間点を取って、お互い妥協するしかないのです。 同じ人間でも、雇う側になった時と雇われる側になった時では、 まったく行動が違ってきます。 地位が人を作るといいますが、 その通りだと思います。