ケセラセラ一覧

なんとかなるさの意味 生きて行く上で大切な言葉かもしれない

僕が好きでよく使う言葉でTake it easyという英語の言葉があります。 くよくよするなよ、気にするなよ、なんとかなるさ、落ち着いて、などという幅広い意味があるように認識しています。 また、僕が仕事でロシアのモスクワに行っていた頃、ロシア人がよく使っていた言葉に"ダワイ"という言葉がありましたが、これもなんとかなるという意味を含んでいたようです。 また、ザ・ビートルズの名曲、Let it beにはなるようになる、という意味ですね。 「僕が困難に出会って自分自身を見失った時に、アリア様でやって来た言ってくれた言葉は"Let it be"だった。」し、 ケセラセラ(Que Sera, Sera)は、1956年のヒッチコック監督映画『知りすぎていた男』の主題歌で、主演女優で歌手でもあるドリス・デイが歌ったヒット曲で、"なるようになる"という意味です。 確か、かまやつひろし氏の曲には"どうにかなるさ"という曲がありましたね。 つまり国、地域、民族を問わず、"なんとかなるさ"という考え方は、生きて行くうえで必要な考え方です。