シニアライフ一覧

老後2000万円問題 自助の考え方で乗り切れ

金融庁の報告書による老後2000万円問題は、その後麻生財務大臣の報告書を受け取らないという問題対応などもあり、国民の関心を多いに集め、結果として真剣に考える人が増えたのではないかと思います。そして今回一番気になった件は、年金制度は信用できないと感じていながら、老後30年に2000万円も必要と言われたら無理と矛盾したことを言っている人が世のなか多いのだな、と感じたことです。

70歳まで働く時代がやって来た!ヤァ、ヤァ、ヤァ!

大体40代半ばというとサラリーマンなら中間管理職で、現場の中心として働く世代です。 時には理不尽なことにも対応を求められます。 またプライベートなら、30歳前後で結婚していれば、子供も思春期を迎え難しい時期となり、受験問題も出てきます。 親も60代後半から70代になり介護の問題も出てきます。

定年退職という言葉がなくなる日 老後の生き方

定年退職という言葉が消えて行くかもしれません。 代わりに定年廃止、定年再雇用、定年転職、定年起業が伸びてくるかもしれません。 つまり、定年=退職では無くなるからです。 また日本の最大の企業であるトヨタが終身雇用は、難しいと言い出したので他の企業も追随するでしょう。 また、政府は副業を後押しするようになりました。 ということは、企業と従業員は、いままでのように専属ではなくなるわけです。

定年後の過ごし方 孤独という病いに襲われないために

経済コラムニストの大江英樹さんの本では、定年後「孤独」になることが一番恐ろしいことだ。そのために収入の多少よりも働き続けることが大切だ、という意見が書いてありました。 僕も、定年前は、一番大切なのはお金、と思っていましたが、 自分が60歳を過ぎ、体力も落ちてきて思うのは、お金よりも健康と生きがいが大切だと思うようになりました。 そして、以前は、孤独なんて自分には、無縁で他人ごとの様に思っていました。

定年後のお金 支出を減らすために家計簿を付け始めた

定年後の三大不安の一つは、お金です。 中には、お金が一番大事だという人がいますが、 個人的には三大不安(お金、健康、孤独または生きがい)の中では、3番目です。 答えは簡単で、健康で働くことができ、働けば収入があり、生きがいも生まれ、仲間が出来るからです。 逆にお金があっても病気で寝たきりの場合は、楽しくありません。

定年後の過ごし方 くじ運の悪い男の人生も悪いもんじゃない

運がいい、運が悪いは人によってハードルが違うのでしょうが、 強欲なことを言わなければ、事故や病気で命を落とすこともなく、 それも自分だけでなく家族も今のところ、全員元気で、何よりも三人の子供たちが無事に成人になったことは運が良かったと言わないと罰が当たります。 こんな僕ですが、ことくじ運に関しては、どちらかというと悪い方です。

定年後の生き方 困ったり迷ったりしたら先輩の話を聞く

僕は、現在毎週日曜日に合唱団の練習に行っています。 昨年8月から通い出して、もう9ヵ月になりました。 団員数は、100人を超える大所帯で、女性の方は7:3くらいで多いです。 しかも年齢的にはある程度幅があるようです。 しかし、男性となるとほとんど60歳以上で、大体定年退職した人たちばかりです。 中には、80歳を超えた人もいますが、元気に歌っていらっしゃいます。

定年後の過ごし方 英会話教室に通うこと

さてラジオで英会話教室のコマーシャルを聞いて違和感を感じました。 つまり定年後の学習として英語を学びましょうという呼び掛けです。 英会話教室は、仕事だからいいのですが、生徒として英会話教室に行こうという人たちは何が目的でしょうか? 英会話教室で仲間を見つけようという人もいるかもしれません。 中には時間ができて特にやることないから、英会話教室でも行こうか、という人もいるかもしれません。

定年後の過ごし方 同窓会に出るべきか 出なくて良いか?

令和の人生ゲームは、フォロワーの数の多い方が勝つというルールになったそうです。先日、ラジオでそんな話をしていました。細かなルールはわかりませんが、SNSが盛んな今風なルールだなと思いました。また、ヒマになったからか、同窓会の開いたり、回数が増えたりするのもこの年代です。

定年後再雇用 退職すれば永遠の別れに

僕は、定年後の再雇用で働きだして2年目です。色々あって、丸2年も経たずに退職することにしました。僕は、前々から惜しまれて辞めるうちが花と思っていました。それは、自尊心を満たされることえでもあるのですが、一番は、まだまだ使える存在だということを暗に感じるからです。つまり次の仕事に変わってもまだまだ出来るな、と言われているように感じるからです。