猫に恩返し 飼い猫が病気に

  • 人気ブログランキング

おはようございます、ともやんです。
還暦まで8日、
定年まで35日。

 

我が家には猫が3匹います。
一番年上がミュウ(メス18才)、次がコメ(オス14才)、そしてマル(メス9才)。

 

ミュウが、子猫で来た18年前から、我が家にはずっと猫がいます。

 

僕は、家族5人がそれなりに仲良く過ごしてくれたのは、猫たちのお陰だと思っています。
いや、猫がいない生活は考えられないので、猫がいたから子供たちは、
非行にも走らず、素直に成長してきたと思います。

 

さて、そんな猫に恩返しをする時がやってきました。

 

生き物を飼えば、必ずやってくるのがお別れの時、
これは自分が先ということもあるけど、寿命を考えれば、
こちらが見送るということが先かな、とも思います。

 

そんな中、飼い猫のコメ(14才オス)が、元気がないので
近くの動物病院に診せたところ、

お腹に大きな腫瘍が出来ていて、既に手遅れと診断されたのが
約1ヵ月前の7月24日のこと。

 

※元気な頃のコメ。隣はマル。

 

実は、元気がないなと感じていたのがその2週間ほど前からで、
それは食欲が落ちてきたから気付いたことでした。

 

当初、いつも違うドライフーズをやったからで、また毛玉でも溜まっているのかな、と軽く考えていたのですが、どうも回復してこないので、24日の月曜日に娘に近くの動物病院に行かせたところ、衝撃的な事実を告げられたのでした。

 

獣医が言いうには、腎臓が肥大している、腎臓に腫瘍が出来て、
それが他の臓器にも転移している、精密検査をしてみなければわからないが、外から触っても分かるくらいになっているので、もう手遅れの段階だと思う、という診断でした。

 

もし精密検査するなら大きな病院に行ってMRIで検査し、
外科手術で腫瘍を取り除くしかない。

 

うちで出来るとしたら、定期的に点滴を打って、延命させることくらい、とのことでした。

 

MRIでの検査、そして手術となれば30万~40万円は掛かるとのこと。

 

我が家にはそんな余裕はないしとのことで、
家族で出した結論は、コメの天命として受け入れ、
最期まで一緒にいてやること、でした。

それから1ヵ月。

 

日に日に弱っていくし、1日、縁側のソファーの下でじっとしている状態です。

 

しかも11日、12日は家族で僕の故郷の北陸に行っていて、その間は、息子に面倒と看させたのですが、もしものことも考えていました。

コメとはあと何日一緒にいられるか分かりませんが、
一緒の時間を大切にしていきたいと心に誓っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ポチっとクリック応援お願いします。

  • 人気ブログランキング

カテゴリー
最近の投稿
固定ページ
タグ
ランキング