糖質制限 老化を早めるリスク 過ぎたるが及ばざるがごとし

今日の朝のTBSラジオが報じていましたが、糖質制限をし過ぎると老化を早めるリスクがあるというある大学の研究発表があったそうです。これはマウスを使った実験で、一方のマウスのグループには、一般的な日本の食事の内容のエサを与え、もう一方のグループには、糖質を80%カットしたエサを与え続けたそうです。そうすると半年後に変化が表れたそうです。

定年後 同窓会に出るべきか、出なくて良いか

令和の人生ゲームは、フォロワーの数の多い方が勝つというルールになったそうです。先日、ラジオでそんな話をしていました。細かなルールはわかりませんが、SNSが盛んな今風なルールだなと思いました。また、ヒマになったからか、同窓会の開いたり、回数が増えたりするのもこの年代です。

定年後再雇用からの退職 去る者は日々の疎し

僕は、定年後の再雇用で働きだして2年目です。色々あって、丸2年も経たずに退職することにしました。僕は、前々から惜しまれて辞めるうちが花と思っていました。それは、自尊心を満たされることえでもあるのですが、一番は、まだまだ使える存在だということを暗に感じるからです。つまり次の仕事に変わってもまだまだ出来るな、と言われているように感じるからです。

定年後 70歳まで働く時代 その問題点を考える

政府が、本格的に企業に対して70歳までの雇用義務を課すという方針を示しました。多分近年中に施行されると思います。現行は、2014年に施行されました。僕は、2017年9月に定年となりましたが、定年退職後再雇用制度を利用して現在同じ会社で働いています。ただ、いくつかの理由で今年7月末で退職します。さて、この70歳までの雇用義務化について考えたいと思います。

定年後 働き続けることが健康法

いつまでも、健康でいたいとスポーツに勤しむのは悪くありません。先日、近所の慶応大学のラグビーグラウンドの脇の遊歩道を歩いていたら、50代前後の見えるおじさんたちが、楽しそうにラグビーの練習を愉しんでいました。皆さん、しっかりボールのパス回しなどされていたので経験者なのでしょう。もしかして慶応大学のOBかもしれません。

定年後 薬飲むか 飲まないか

高齢になると高血圧や高脂血症、糖尿病、腰痛などさまざまな持病を控え、服用する薬の種類も増えます僕の母が身体が弱く、よく医者から処方された薬を飲んでいましたが、「この薬は胃が荒れるから」と持病の薬と一緒に胃薬ももらっていました。

定年後 気を付けたい 人生の下り坂とまさか

人生には、上り坂、下り坂、まさかがあるといいます。まず上り坂は、人生でいうと青年から壮年の10代から40代半ばまででしょうか?そしてそれからしばらくは水平に移動して50代後半から下り坂になるというイメージです。僕は登山をしませんが、登山は登る時より下山の時の方が事故が多いと聞いたことがあります。

定年後 いつからおじいさん? 老人と呼ばれたっていいじゃない

先日、日テレの秘密のケンミンSHOWで、“秘密のOSAKA ウチかて若い頃あったんやで オカンの青春”というタイトルの企画をやっているのを観ました。大坂のおばちゃん、大坂のオカンというと親しみやすく世話焼きで涙もろいというのが定番ですが、そんなおばちゃんたちも若い時からそうだった訳ではありません。みんなそれなりに初々しい頃がありました。

定年後 働き続けることは遊び続けること

退職まで三ヶ月を切りましたが、引き継ぎとかで日々なかなか忙しいです。さて、日本人は真面目な民族というか、堅苦しい民族なようで、働くことは良くて、遊ぶことはふざけていると思われるようです。そういう僕自身も遊びのが苦手です。